本文へジャンプ

ニュースリリースNEWS RELEASE

「SmartConnect Cloud Platform(Type-V)」の提供開始について
~簡単、安心運用の国産パブリッククラウド~

2021年3月9日
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社

 エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:秋山 修二)は、仮想プラットフォームサービスのブランドである「SmartConnect Cloud Platform」の新たなラインナップとして「SmartConnect Cloud Platform(Type-V)」(以下、本サービス)を提供開始します。  

 

1.本サービス提供の背景・目的

 現在、多くの企業が、基幹システムをオンプレミスからクラウドへ移行を進めている状況を踏まえ、「SmartConnect Cloud Platform」では、お客さま専用リソースのIaaSサービス※1、HaaSサービス※2を提供してまいりました。
 一方で、事業のスモールスタートや一部システムのみのクラウド移行においても、同様に国内のデータセンターにあり、かつリソース共用型(仮想マシン単位)のクラウドをマネージドかつ低価格で利用したいというご要望を多数いただいていることから、お手頃な価格で、お客さまがOS以上の構築・運用に専念することが可能となる本サービスを提供することとしました。

※1:「SmartConnect Cloud Platform(Type-SおよびType-H)」
※2:「SmartConnect Cloud Platform(Type-B)」

2.本サービスの特長

・簡単設定で、ネットワークの構築/割り当て・ゲストOSの構築までを実現
・VMware※3基盤・ハードウェアの運用をまるごとおまかせ、お客さまはミドルウェア以上の構築・運用に専念
・1vCPU(1GB)2,980円/月(税抜)~
(この他に、DISKとNWの料金が別途必要となります。)

※3:VMware、VMware ESXi、VMware Horizon、VMware NSX、VMware vCenter Server、VMware vCenter Server Appliance、VMware vSAN、VMware vSphereは米国およびその他の地域におけるVMware, Inc. の登録商標または商標です。

②高信頼性・手厚いサポートの国産パブリッククラウド
・国内自社データセンターで運用
・日本語スタッフによるサポート
・24時間365日サービス監視

③高い可用性を実現
・サービスを構成するIT設備は全て冗長化
・別筐体へのバックアップ機能を標準提供
・HA機能※4、スナップショット機能※5を具備
・SLA99.95%を規定

※4:ホスト障害により止まってしまった仮想マシンを他の正常なホスト上で再稼働する機能
※5:ある時点のファイルシステムのイメージを保持/復元する機能

④コスト管理が容易(定額制)

<このようなお客さまにおすすめ>
・基幹システムの重要データを海外クラウドに置くのが不安
・可用性の確保などの複雑な対応は信頼できるパートナーにまかせたい
・システム構成や運用上の使い勝手は変えたくない
・従量課金によるコスト管理に手間がかかっている

3.提供開始日

■サービスサイト
 2021年3月9日

■「SmartConnect Cloud Platform(Type-V)」提供開始
 2021年4月19日(予定)

4.サービスサイト

「SmartConnect Cloud Platformパブリック(IaaSタイプ)」
https://cloud.nttsmc.com/scp/public.html

5.その他

 「SmartConnect Cloud Platform」はISMSクラウド認証「ISO/IEC27017:2015」を取得しております。なお、本サービスにおいても取得予定です。


【本件に関するお客さまからのお問い合わせ】
クラウドビジネス部
山下、堤
TEL:06-6147-5194
E-mail:cloud_info@nttsmc.com

【報道機関からのお問い合わせ】
経営企画部 / クラウドビジネス部
西田、平岩 / 山下、堤
TEL:06-6147-5091
E-mail:pr@nttsmc.com

※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いいたします。
※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページの先頭へ