本文へジャンプ

ニュースリリースNEWS RELEASE

日本橋データセンターの新規提供開始について
~堂島データセンター直結の高品質ネットワークを実現~

2021年4月1日
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社

 エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:秋山修二 以下、NTTスマートコネクト)は、2021年5月1日より、大阪・日本橋において新たに「日本橋データセンター」を提供開始いたします。

1.背景

 会社設立の2000年以来、大阪・堂島エリアにて西日本最大級のIX(インターネットエクスチェンジ※1)拠点である堂島データセンターを中心にハウジングサービスや、光ケーブリングサービス「堂島コネクト※2」を展開して参りました。今回、インターネットトラフィック増加によるユーザー様の設備増強やインターネットサービス事業者の関西進出等の需要増に伴い、大阪都心部で新たに堂島データセンターと直結した高い接続性と耐災害性を備えた「日本橋データセンター」を開設いたします。

※1 インターネットエクスチェンジ:インターネット相互接続点とも呼ばれ、インターネット上のプロバイダ(ISP)、インターネットデータセンター(IDC)同士の相互接続ポイントのこと。
※2 堂島コネクト:堂島データセンター、北浜データセンター、日本橋データセンターに点在するお客さまの契約ラック間をケーブルで接続するサービスです。

2.特長

①堂島データセンターと直結されたキャリアフリーデータセンター  「日本橋データセンター」はキャリアフリーなデータセンターとしてお客さまのご指定のキャリアを利用できます。
 また、NTTスマートコネクトが提供している光ケーブリングサービス「堂島コネクト」により、堂島データセンター・北浜データセンターに接続。IXやISP、メガクラウド事業者などとの接続が可能となる堂島エリアのネットワーク環境をそのまま享受可能となっております。ルートの大半は、とう道※3直結の光ファイバーで接続されており、データセンター間における通信ケーブルの切断リスクを抑え、高い信頼性とセキュリティが確保されております。ネットワークの相互接続拠点として、データセンターのご活用を検討されているお客さまにも、大変ご利用しやすいセンターになっています。

※3 とう道:通信拠点間にケーブルを敷設するための通信専用の地下トンネル。

データセンターのイメージ

②災害に強いデータセンター
 「日本橋データセンター」は、震度 6 強の地震にも耐えうる免震構造、自家発電による72時間連続無給油運転時間、異変電所からの電力供給も実現するなど災害に強いデータセンターとなっております。また、ハザードマップ上も津波の危険性は少なく、万が一の河川氾濫等に備え水防板の設置等の対策を行っています。

③安心サポート
 保守・サポート面においては、24時間365日常駐体制のもと、専門の技術スタッフが対応いたします。また英語対応やWEB対応窓口も備え、海外のお客さまにも安心してご活用いただけます。

3.データセンター 概要

項目 内 容
データセンター名 日本橋データセンター
所在地 大阪市浪速区
建物構造 鉄骨造、免震構造
ハウジングルーム面積 約450㎡(約120ラック相当)
その他 オフィススペース有

【新日本橋データセンターイメージ図】

新日本橋データセンターイメージ図

4.関連サイト

■日本語サイト:「mediaCONNECT」
https://housing.nttsmc.com/

■データセンター紹介動画
https://housing.nttsmc.com/movie/

■for ENGLISH:Data Center Business
https://www.nttsmc.com/english/datacenter/

■Data center introduction movie
https://www.nttsmc.com/english/datacenter/movie/


【本件に関するお客さまからのお問い合わせ先】
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
IDCビジネス部 萩本、中山
TEL: 0120-395-290(平日10:00~12:00、13:00~18:00)
E-mail:info@mcnet.ad.jp

【報道機関からのお問い合わせ先】
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
経営企画部 西田、平岩/IDCビジネス部 萩本、中山
TEL: 06-6147-5091
E-mail:pr@nttsmc.com

※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いいたします。
※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。

ページの先頭へ